2012年03月03日

「子供に身の危険」告発も詳細調査せず 大阪市 施設児童恫喝問題・・やり過ぎ!

え〜と吹いちゃう一大事を訪ねているけれども、人によりサマザマです。
ちょっと位一息入れたっていいでしょう。
速報って言うものって・・・

☆★☆

「子供に身の危険」告発も詳細調査せず 大阪市 施設児童恫喝問題
産経新聞 3月3日(土)8時45分配信

大阪市立の児童福祉施設に勤務する男性給食調理員が、子供たちに自分の入れ墨をみせたり、恫喝(どうかつ)したりしていた問題で、昨年5月に子供たちの「身の危険」を知らせる内部通報が市に寄せられたにもかかわらず、市は詳細な調査を行わないまま「処分相当の問題はない」と判断していたことが2日、分かった。

通報は複数の関係者からとみられ「女子児童に対する接触がある」「児童の朝食のパンをとって食べる」といった内容のほか、「児童と関わる職員が、児童の身の危険を感じていると思う」と訴えていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000509-san-soci

★☆★

ここのところのお話は、どうだったって〜
来月も、時時程よくおねがいです。
お別れ!!


近年、ちょっと先の予測がつきにくくなってきています。これらの傾向は、インターネットの世界も同様です。一例を上げると、無・審査無・審査、また無・審査売却・見積りなどといった調べ方が出ています。以上のような検索キーワードが、今現在の社会状況を反映させているいるといってよいかもしれません。そのほかにも、や、また・といった傾向も出てきています。こんなところにも、世の中の移り変わりが出てきています。
今日の見習い
いまの教育
今の復習
posted by ひかるzhve at 11:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。